スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石の庭と花の庭≪龍安寺≫



龍安寺へ行こう、と、なぜ思い立ったかはちょっと忘れましたが――
清水寺に続き、朝一番に出かけたらどんな感じかしらと思い、この日も早起きして、午前8時の開門を目指してやって来ました。



前日の晴天からうって変わってど~~んよりした空模様。
でも、山門をくぐったとたん、境内の桜の多さに圧倒されました。





まずはともかく、石庭へ。
平日の開門すぐ(といっても8時半ぐらいにはなっていたかな)とあって、やっぱり空いていました^^。
それでも、すでにじーっと庭を見つめる外国の方の姿あり。





禅の宇宙・・・はちと悟れませんでしたが、5、6分咲きといったところの紅しだれの艶やかさは本当に見事でした。





それにしても、前回龍安寺を訪れたのはいつのことだか。
この広いお庭を歩いた記憶も定かではありません。





鏡容池と呼ばれる池を巡る、池泉回遊式庭園。
人とすれ違うこともあまりなく、静かな朝のお散歩。





・・・と思っていたら、がー!がー!!がががーーっ!!!
と、あれは何、アヒル?ガチョウ?なんちゅーうるささ。
静寂を思いっきり破って、目の前を横切って行きました^^;。





それにしてもホントに外国の方が多い。
この時は、欧米の方が団体で次々とやって来られてました。





曇り空の下とはいえ、この見事な桜の庭。
はるばる海を渡ってやって来られた甲斐がありましたねぇ・・・。





私も、早起きして来た甲斐がありました♪




[2010年4月5日(月)訪問]

►龍安寺HPはコチラ
►2010年4月京都・奈良旅行記・目次はコチラ


Trackback

石庭の枝垂れ
龍安寺の石庭です。 4月10日の撮影です。 もう2週間近く前になりますが、この枝垂れが咲くのを待っていたんです。 ちょっと早くて、3,4分程度でしたが、わたしには充分見ごたえがありました。 石楠花も。 鏡容池の周りの桜は満開。 風があまり無かっ?...
2011.04.23 23:59 | Toy Soldiers
Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/100-d57d1eaf

Comment

にいやん | URL | 2010.04.30 00:35 | Edit
去年、アメリカ人御一行様が来られた時は、屋根の補修中でした。
今は、すっきりしたのですね!
あの桜が咲いた時に行きたいと思ってました。
今回見れて嬉しいです。ありがとうございます。
境内には、こんなに桜があったとは・・・ね(^^)

ruksak | URL | 2010.04.30 10:50 | Edit
写真を見るとたいそう詩的な世界ですね。
フレームの外側にアヒル?さんや外国人の団体さんがいらっしゃるのですね。
団体さんも早起きされて来られたんですね。
でもこの空間に身を置けるなら、ほんとに早起きの甲斐がありますね。
lazyMiki600px | URL | 2010.04.30 22:15 | Edit
To にいやん、
竜安寺はホントに外国の方に人気ありますね~!
私が訪れた時も、最初はしばらく静かでしたが、やがてフランス人の団体さんがガイド付きでみえて、すぐにガイドさんが大声で説明を始めてました^^;
(「ジャルダン」しかわからんかったです・・・。)

訪れて改修とか修復の最中だとがっくりですよね~。
まあ、私たちは「そいじゃまたリベンジ・・・」ということもできますが、外国の方はね~。

桜が多くてとても意外でした。
というか、竜安寺って、石庭のイメージが強すぎました・・・。
いいところですね~。
lazyMiki600px | URL | 2010.04.30 22:20 | Edit
To ruksakさん、
「アヒルさん」だなんて~、ruksakさん、あの声をお聞きになってないからっ^^。
ぐぁ~ぐぁっぐぁっぐぁっ!ぐごごごごぉぉ~!!
て感じで、なんかもー、「騒音」でしたよ、アイツ。
・・・まあ、アヒルさん(ガチョウさん?)にしてみたら、私の方が邪魔者だったんでしょーけど・・・。

海外旅行したら、やっぱりめいっぱい時間を使って観光しませんとね。
きっと時差ボケで、眠くないのでは・・・。
(てことは午後あたり、眠くなっちゃうのでしょうか。)

私は早朝観光大好きでっす^^。
Comment Form
公開設定

こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。