春花の古都2011 ~感動のTOP5

01Kyoto Spring2011-1


ソメイヨシノが散り始める頃の京都、奈良に出かけてきました。
・・・京都の桜って、本当にいろいろな名前が付いてます。植物としての種類名もあるんでしょうし、曰く由来を持つ固有名詞もあるようで。

遅咲きの桜もそれはそれはいろいろありました。どれも様々に美しく。
そして、桜に負けぬ春の花々にも出会うことのできた春の数日間でした。
恒例の春旅・感動のTOP5を挙げてみると、今年はこんな感じになりました。


webcitron01.gif



第5位
02Kyoto Spring2011-2
瑠璃光院



旅行中、1回だけ雨に遭いました。
雨に濡れずに写真が撮れて、雨に濡れた鮮やかな緑を見られるところ――。
そう考えて訪れたここ瑠璃光院は、ちょっと寒かったけど、静かでした。




第4位
03Kyoto Spring 2011-3
京都御苑



広い御苑にはあちこちに桜の名所があるようで、一番有名なのは、去年も訪れた近衛邸跡の糸桜でしょうか。その糸桜も、早くから咲き始めるものと、遅くまで咲いているものといろいろで、今回もまた美しい姿を見ることができました。
この写真は、サトザクラの美しい「出水の小川」と呼ばれる場所です。




第3位
04Kyoto Spring 2011-4
原谷苑



京都に着いたその足で訪れた原谷。
何年か前に訪れた時は、まだ4~5分の咲き具合で、それでもとても綺麗だと思ったものです。
今回は、まさに満開ピーク――「原谷はバクハツだァ~!」と言いたくなるような、圧倒的な花の種類、花の量!
花の風情というよりは、花のパワーをビンビン感じた原谷の花空間でした。




第2位
05Kyoto Spring 2011-5
稲渕の棚田(奈良県)



お天気にめぐまれた日曜日、去年に続き今年もまた、奈良県明日香(飛鳥)に出かけました。
去年より遅かったので、残念ながら桜はほとんど見られず――でも、かわりに目にしたのは、最高のタイミングで咲き誇る菜の花畑。
桜咲く春とはまた違う、菜の花咲く春の風景に出遭いました。




第1位
06Kyoto Spring 2011-6
平安神宮



京都旅行最後の日、予報は「曇りのち雨」。でも、朝、空を見たらかすかな青空が。
大急ぎで出かけた紅枝垂れの名所・平安神宮では、満開の桜と青空を見ることができました。
桜咲く麗しき京都の春!――そんな思いの湧き上がる神苑の景色。
(・・・写真的には、ものすご~く没個性になりましたけど^^;。)


webcitron01.gif



ちなみに、TOPは、西陣の雨宝院で撮った1枚です。たまたまTOP5には入っていませんが、ここも素敵なところでした。小さなお寺なんですが、境内が桜の宝箱みたいで。
・・・まあ、マクロ写真って、場所の特徴が出ないというのがもったいなくもあるのですが。

ほかにも、まだまだ素敵なところがたくさんありました。
ひとつひとつの花を思い出しながら、ゆっくり綴っていきたいと思います。きっとまたゆっくりすぎて、どんどん季節はずれになっていっちゃうんだろうなぁ・・・^^;。
他の記事もあることですし、もしかすると、昨秋の旅行記事と同じく、途中で「来年おくり」になる可能性も否定できませんが、ケ・セラ・セラということで。

お気が向いた時にお付き合い頂ければ、嬉しゅうございます<(_ _)>。


[撮影:2011年4月 京都、奈良]

京都・奈良旅INDEX 2011はコチラ

Trackback

Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/149-fdb2c951
こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud