スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の京都2013 ~感動のTOP5

01 常照寺にて
                                                         (常照寺にて)


今年、桜を求めて出かけた京都では、5日間の滞在のうち、晴天×2.25、曇り×1.5、雨×1.25でした(ちょっと細かい?^^;)。それでも、雨の予報だった1日が、晴れのち曇りになってくれたので、ありがたかったというところでしょうか。
桜の季節は、本当に雨に風に一喜一憂させられます。
――きっとそれが、日本人的春の心もちってものなんでしょうね。

それでは、毎春恒例の、今年の桜、感動のTOP5です。



第5位
02円山公園

円山公園


円山公園といっても、祇園枝垂れのそびえる八坂神社寄りのところではありません。
あそこはさすがに人が多すぎて・・・そこから坂本龍馬&中岡慎太郎を通りすぎ、石段を上ってずっと奥に行くと、安養寺というお寺の門前に、見事な枝垂れの立つ、桜の広場があります。
ここが、円山公園の最深部。訪れる人も少なく、静かな、素晴らしい雰囲気のところです。





第4位
03山科疏水

山科疏水


山科疏水といえば、桜の薄紅と菜の花の黄色が並ぶ景色が有名です。
それが今年は、夜になると鹿が出没して、菜の花を食べてしまったのだとか。ボランティアで菜の花を育てておられる方々が懸命に奮闘されて、例年の半分をようやく守ったのだそうです。
だから菜の花にはネットが張られ、量も少な目。それでも、美しい花と流れの風景でした。





第3位
04勧修寺

勧修寺


この春は、いくつかの場所をン十年ぶりに再訪しました。
訪れたことがある、という記憶だけはあるけれど、キホンほとんどすべて忘れている、みたいなところです。勧修寺もそのひとつ。
メモリー更新。青空バックに、散り初めながら満開の見事な桜でした。





第2位
05毘沙門堂

毘沙門堂


今回の京都旅の最初の二日間は曇りと雨。三日目にしてようやくスカッと晴れました。
その初めての晴天の下、最初に訪れた毘沙門堂の枝垂れ桜はまさに満開見頃。もちろん写真も撮りましたが、圧巻の桜を前にして、涙出そうになりました。素晴らしい。美しい~!





第1位
06白龍園

白龍園


白龍園は昨秋から期間限定で公開を始めたばかりの庭園です。秋にもとても行きたかったのですが、紅葉のタイミングが合わずに諦めたのでした。
それが、この春も公開していると知り、開花情報(FB)をチェックすると「見頃開始」。
勇んで訪れてみると、そこには桜と山ツツジの見事な庭園が、貸切状態でした。
いずれ知名度が上がってくれば、こんな贅沢な状態は夢になってしまうでしょう。
なんてラッキー。その幸運の分、毘沙門堂より、ちょい上の今春の第一位です。



TOP5はこんなふうになりました。
もちろんほかにも感動の桜はいくつもあったんです~(≧∇≦)ノ彡(旅のINDEXは► コチラ)。
頑張ってブログ更新するぞ!梅のときに心を入れ替えたし(確か、そんな記憶が)。
感動と写真の出来はあんまり連動していないので、感動スポットでも「そらはな」はナシってことになるかも知れませんが、とりあえずこの春の感動を記録するのダ!

よかったら、時々お付き合い下さいませ<(_ _)>。





[撮影:2013年4月 京都]

「本と旅とそれから」へ
京都・奈良旅INDEX 2013

Trackback

Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/275-fcf8f6ae
こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。