スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝陽に輝く≪吉野山奥千本≫



奈良県吉野山。
2年前ここを訪れたのは4月7日。京都ではソメイヨシノが満開の頃でした。
今年再びやってきたのは4月13日――前回はまだ咲いていなかった桜を見に来ました。




前回は、奥千本入口の金峯(きんぷ)神社をスタートとして山を下るコースを歩きました。今回は、金峯神社からさらに奥へ。
吉野山でも至奥と呼ばれる奥千本へ向かいます。
最初はね。「楽勝でしょー」な~んて。(▲)こんな感じの道でしたからね。




それがやがて・・・道は細くなるわ、石はゴロゴロしてるわ、片側崖だわ・・・。
ホントにこわいところには手すりが設置されていましたけど。
カメラをぶつけてはタイヘン!・・・も、ありますし(それが一番かも)




見るからに「ハイカー」という出立ちの方々に次々抜かされつつ、ようやくたどり着いた西行庵。
西行が3年暮らし、跡を追って芭蕉も訪れたといいますが・・・庵そのものは無愛想なたてもの。
けれどその周辺が、吉野山でも一番最後に見頃を迎える奥千本と呼ばれるエリアです。




吉野山の桜は山桜――。

今年の奥千本満開は16日だったそうですが、私が訪れたこの日、すでに十分見頃でした。
ここには、上千本以下のエリアのように、「ひと目千本」といった息をのむ眺望はありません。
それはただただ山奥に群れ咲く桜――それがなぜだかとても感動的な眺めなのでした。




あはは、すぐこういう構図を撮りたくなるんですねえ、ワタシ。
これは、休憩所?それとも見晴らし所なのかしら。




始発に乗って来ただけあって、この時点でいまだ午前10時前。
山奥の桜花は、朝日に輝いていました。




奥千本口へのバスに乗り合わせたベテラン・カメラ(ウー)マンの方が話されていました。
「毎年季節は巡ってきても、来年、今目にしているこの花を、この景色を再び見られるとは限らない。咲く花は毎年違うから」――本当にそうだと思います。




咲く桜、散る桜、いずれにしても、吉野の桜もそろそろ終わりに近づいていました。
桜を見ていていつになくしんみりするのは・・・年のせいかしら・・・^^(だね!)




[2009年4月13日(月)訪問]

►吉野山桜情報WEBサイトはコチラ
►2009年4月京都・奈良旅行記・目次はコチラ

Trackback

Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/30-08236a07

Comment

ぐん | URL | 2009.04.23 23:46 | Edit
今回のぐんさん賞は4枚目!僕は吉野の桜ってこういう粗野で奔放なイメージを持っているんですよね。京都の桜とはほんと好対照。社会人になった頃、桜を見て綺麗ですねと先輩に言ったら、桜をしみじみと見るにはお前はまだ若いと言われました。最近になって桜を見るのではなく、何かを想いながら桜の中を歩くのがよいと思ったりしてます。
chiyomi | URL | 2009.04.24 11:47 | Edit
素敵!最後の写真が、はかなさが出ていて好きですねぇ。

この前、桜守の佐野さんのことをNHKでやっていたので見ていたのですが
山桜はソメイヨシノに比べて花びらが軽いそうですね。
風に吹かれて飛んでゆく姿は雪のように美しいと・・。
木に触れて話し掛けてあげたら、応えてくれると。
そういうお気に入りの桜を見つけなさいと・・。

吉野は一度は行ってみたい。未来の楽しみの一つです。

lazyMiki600px | URL | 2009.04.24 23:30 | Edit
To ぐんさん、
4枚目、ぐんさん賞ありがとうございま~す^^
吉野の桜のイメージ、なんかわかります。
ワイルドな感じというか?

>何かを想いながら桜の中を歩く

ああ、ホント、そうですよね・・・!
どういうわけか、今年は特にそんな気がしました。
ひとり旅だったこともあるかも知れません。お喋りをすることがなかったので、いっそういろいろなことを考えながら歩くことになったのかも。
ちょっと感傷的かも知れないけど、「想う」っていうのがね、確かにそんなふう。
そこが桜ならではのことなのでしょうか。
lazyMiki600px | URL | 2009.04.24 23:35 | Edit
To chiyomiさん、
ありがとうございます(^‐^)

嵯峨野の佐野邸には行きたかったのですが、時期的にちょっと遅いかな、と思って今年は見合わせました。素晴らしいお庭だそうですね~。
なるほど、ソメイヨシノより花びらが軽い・・・。
花自体、なんだかちょっと小さい気もしますしね。
木に触れて話し掛けて、ですか。
さすが桜守の方ですね。何だか不思議な感覚です。

吉野山、初めて行くまでは、すごく遠くて行きにくいところのように思っていました。
今はちょっと身近に感じます♪
よしりん | URL | 2009.04.25 00:41 | Edit
念願の奥千本で、見事な桜との邂逅の夢、果たされましたね~。
見晴らし所からの構図、とってもいいです。
山桜が清楚に輝いて、奥の静けさが伝わってきます。
吉野って、こういうところなんですね。
私はいつ、行けるのかなあ?
lazyMiki600px | URL | 2009.04.25 22:21 | Edit
To よしりんさん、
吉野山も奥千本までくると、いかにも山奥感が漂います。
すごく非日常な感じで・・・それが何ともいえない魅力です。
上千本より下は、もっと眺望も開けて明るい感じですし、中千本あたりにはお土産屋さんなども軒を連ねていて、かなり観光地って感じなんです。

よしりんさん、京都に転居されたアカツキには、近鉄の始発に乗って是非朝駆けでおでかけ下さい。京都からなら楽勝ですよん。
hiroko | URL | 2009.04.30 12:41 | Edit
奥まで行かれたんですね。
吉野に行ったら、やっぱり一度は奥まで行きたいもんです。
休憩所?からの写真、とても素敵です^^
lazyMiki600px | URL | 2009.04.30 22:51 | Edit
To hirokoさん、
もう山の下の方は新緑が青々してました。
そういうタイミングのズレがあるものなんですね、吉野の桜って。
水分神社の桜見たしでこの日程で出かけましたが、ちょうど奥千本の見頃と重なりました。ラッキーでした♪
見て下さって、ありがとうございます^^
Comment Form
公開設定

こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。