スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠の京都 2014 ~感動のTOP5

01長岡天満宮
(長岡天満宮)


GWの谷間・・・というのかな、そんなタイミングで出かけた京都は、新緑の美しい季節でした。
霧島ツツジや牡丹の花にもちらりちらりと目が動きましたが、やはり最高だったのは新しい翠。
新緑のいいところは、ベストのタイミングを狙うために1日2日の違いにきりきりしなくてよい点。
花は一夜にして散ってしまうこともありますが、新緑にそんな心配はないので、のんびり^^。


というわけで、自分でやってて楽しめるので、今回も感動のTOP5いきます♪




第5位
02愛宕念仏寺
愛宕念仏寺


昨年秋に初めて訪れ、見事なもみじに大変感動しました(►コチラ)。
今回は、頭上には翠の天蓋、足元には白いシャガの花。嵯峨野の奥にあるお寺ですが、紅葉のシーズンもほかと比べれば比較的静かなところでした。
新緑のシーズンは、それよりさらに訪れる人は少なく・・・。





第4位
03圓光寺
圓光寺


本堂にも、そこから見える十牛之庭にも、自分以外の人はなし。
新緑のお庭の美しさはもちろんなのですが、それを独り占めしているという事実が不思議に思えて仕方ありませんでした。圓光寺にもこんなに静かな時間があったとは。そして美しい。





第3位
04神護寺
神護寺


もみじの高雄。
このつい数週間前に紫色に輝いていた山つつじの姿(►コチラ)はすべて消え、今は緑色に。アメジストから翡翠の輝きに変わったという感じでした。
そして、源頼朝との接近遭遇にも心震えたしィ~。





第2位
05勝持寺
勝持寺


またもお邪魔しました、西行法師ゆかりのお寺。
燃えるようなもみじに満ちていた秋の景色(►コチラ)を思い浮かべつつ、今はまるで海の底のように静かな翠に沈む境内を歩きました。





第1位
06東福寺
東福寺


京都最大のモミジの名所と言っても過言ではない、東福寺。
秋には、殺気すら感じられるほどの人混みに見舞われる通天橋と、その下を流れる洗玉澗(せんぎょくかん)。静けさの中に碧く光るもみじの見事さ。
秋も美しい。でも、新緑の季節は、美しいうえに静かです。泣けます。





愛宕念仏寺はちょっと違うものの、あらためて眺めると、どこももう、押しも押されぬ紅葉の名所。人混みを気にせずそうした場所に「行こう!」と思えることが、すごく嬉しかった^^。
旅を続ける間にすでに、「来年もこの季節に来よう」と思いました。

これからゆるゆるとUPしていきますので、ときどきお寄り頂けたら幸いです<(_ _)>。





[撮影:2014年4、5月 京都]

「本と旅とそれから」へ
京都・奈良旅INDEX 2014

Trackback

Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/337-8be78645
こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。