スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日大原にて ③≪宝泉院≫


額縁庭園を見に行きましょ


                                                          (w.IXY)


樹齢600年の五葉松。
「近江富士」というのですって――上の方が、お山の形に刈り込んであるでしょ。それでですって。




客殿に通ると――こんなに鮮やかだったっけ・・・?
雨の日、室内はうす暗く、ホントにまるで・・・ぐるりとスクリーンに取り巻かれた映画館にでも入ったよう。




松の幹の見事な造形と深い木の色。
新緑の明るく軽やかな葉の色。




こちらで、修学旅行の高校生の団体さんと遭遇しました。お行儀のよい皆さんで、
神妙にご住職のお話を聴き、お茶とお菓子を頂き、10分ほど歩き回って写真を撮って帰って行かれました。

・・・そして彼らの去った後にはまた静けさ。




「晴れていれば、大原の里の景色が一望できるんだけどねぇ」
と、ご住職。
「でも、こんな雨の日は、水墨画みたいでそれもまた趣きがあるでしょう?」




お庭の片隅には小さな桜の木。
わずかな色彩なのに、その効果は劇的です。




そして、華やかな三椏。




額縁庭園とは、まさに言い得て妙。
雨の日はさらに色鮮やかな、一幅の絵。



[2009年4月14(火)訪問]

宝泉院HPはコチラ
2009年4月京都・奈良旅行記・目次はコチラ

Trackback

新緑を求めて
2011.4.29 新緑を求めて 大原~! 久しぶりの大原 ここも菜の花と桜が綺麗でした(遠め桜が) 三千院近くにあったこのお花 何かはわからず、でもめっちゃ可愛い♪ う~ん、三千院ねあがった?! というわけで、三千院へは行かず 宝泉...
2011.05.07 23:00 | tomate & concombre
Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/34-6a904b12

Comment

オルサ | URL | 2009.05.02 02:23 | Edit
額縁庭園、これは言葉を失いますね。どんな絵画もこれに勝るものなしですね。
調度、いらした時期も良かったのでは?この写真を伸ばして、部屋に飾らしていただきたいですわ~。そうだ、窓に張っちゃえば、我が家のお粗末な庭が、名園に早変わり…ってなわけないか。
bananan_bou | URL | 2009.05.02 17:18 | Edit
雨の京もまた乙なもんですね~。
ホントに水墨画のよう。
とくに大原ような山あいの土地は、意外とこういうお天気のほうが風情あっていいかも。
あぁ、なんて高雅な風景なんでしょう。
tomate11 | URL | 2009.05.02 18:15 | Edit
宝泉院大好きです。
ここの血天井もなかなかですね~

そして、そして、この景色!
写真ばっちりですやんか~?

ここからの景色が大好きで長い間座っていました。
あ~また行きたいなあ。まさしく額縁ですね。

美しい!
lazyMiki600px | URL | 2009.05.02 22:23 | Edit
To オルサさん、
こちらを訪れるのは数度目になるのに、今回はまるで初めてのように強い印象を受けました。
なぜでしょう。やっぱり雨のせいでしょうか。
それに、オルサさんのおっしゃる通り、訪れた時季もよかったのですね、きっと。

こうなると・・・新緑のもみじが赤く色づく季節にも行ってみたくなってしまいます!
いつか胸をはって、「これを大きくしてお部屋に飾って下さいな!」と言える写真が撮れるように――いや、やはりそりゃ無理ですよね~~^^;
(でも、そう言って頂いて嬉しい♪)
lazyMiki600px | URL | 2009.05.02 22:31 | Edit
To ばななさん、
春雨や~、とか言ってられる程度の雨なら、悪くないですよね。
土砂降りはダメよ。何もかも濡れるからっ。

大原って本当に素敵なところですよね。
昔の寂光院が、放火で消失してしまったことが残念でたまりません。
あのお寺の見晴らしの良い縁側(というのかなぁ)に立って、「ああ、ここからの景色を建礼門院も眺めたのかしら」とか歴史ロマンに浸るのはたまらなくよかったのに。
以来、バス道の三千院と反対側に足を踏み入れていないワタシです。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.02 22:36 | Edit
To tomateさん、
今回は、修学旅行生さんたちと一緒にご住職の説明をうかがったのですが、血天井についても、ちょっと面白おかしく、つまり少々ナマナマしく語っておられました^^
しかし、血天井となれば、あたしゃ養源院に軍配あげまする。
宝泉院と同じ伏見城から移したものなんだけど、跡が一層はっきり見えます!
コワイよぉ~。

褒めて下さってありがとう。
自分では不満たらたらだけど、でも嬉しゅうございまする^^
腕というよりは、被写体がよいのじゃがの♪
よしりん | URL | 2009.05.02 22:41 | Edit
雨の日の宝泉院さん、ほんと絵になりますね。
新緑と三椏の競演も美しい。
雨に煙る杉林も。
正に一幅の絵画そのものです。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.03 23:50 | Edit
To よしりんさん、
大原、久しぶりでした。
雨だといろいろと不便ですけど、いろいろなものが色鮮やかになりますね!
・・・きっと苔寺なんかも綺麗なんでしょうね!

でもそういえば、この宝泉院で、たまたまお茶を頂くのが一緒になったおじさまが、美しき庭園の景色を撮影するのに集中するのあまり、ワタクシのお抹茶を蹴倒してしまったのでした(ちゃんと替えてくれましたが)(^0^)
にいやん | URL | 2009.05.06 21:18 | Edit
雨でしっとりした風情がすごく伝わって来ます。宝泉院いいですよね~
大原と言えば、早朝の三千院のお庭も見応えがありますが、こちらも
絶対に外せませんよね~
これからが、ベストシーズンかもしれませんね
客殿の奥から望むお庭、最高の贅沢だと思います。
ありがとうございます。



lazyMiki600px | URL | 2009.05.06 23:58 | Edit
To にいやん、
あ、お礼なんて言って頂くと恐縮してしまいますです。
見て頂いてこちらこそありがとうございます<(_ _)>。

宝泉院、漠然と「いいところだったな~」ぐらいの印象はあったのですが、こんなに鮮烈な感銘を受けることになるとは思っていませんでした。
こういうのを嬉しい誤算と言うのでしょうね。

京都のお庭というのは、雨が降ってなおいっそう美しい、というところも多そうですね!
hiroko | URL | 2009.05.08 20:28 | Edit
宝泉院。ほんとに素敵な寺院です。
額縁庭園、ほんとにキレイ。びっくりするくらい絵になるお庭。
いいですね。ほんとにきれいです。
はぁ、ほれぼれします。明日、時間があれば行って来ます。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.08 22:58 | Edit
To hirokoさん、
ね!キレイなお庭ですよね!
最近ちょっとご無沙汰していたのですが、今回こんなに感銘を受けるとは、我ながら驚くくらいでした。
やっぱり雨の「色鮮やか」効果でしょうか・・・?

え、明日、京都に行かれるのですか?
お天気もよさそうですね。
今は・・・ツツジの季節でしょうか。いいなー!
Comment Form
公開設定

こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。