山紫水明≪高雄≫



高雄を訪れるのは、今回で3度目。
でも、これまでの2回は、どちらも秋のことでした。
・・・素晴らしかったなぁ、もみじの山!
(前回の訪問はコチラ。)


京都駅前からJRバスで高雄へ――。
周山街道に入るあたりから、バスの乗客はどんどん少なくなり・・・えっ?
窓に当たるこの水滴は・・・雨っ・・・?!
傘を持っていない私は結構焦りました。

とりあえず、槇ノ尾でバスを降り、西明寺に向かいます。




指月橋を渡る手前でデジイチを取り出してはみたものの、上着の内側に抱きかかえるようにして・・・。パラパラ程度の雨ではありますが。

目指すミツバツツジの山は、西明寺の裏手に望むことができます。
秋とは違って誰もいない境内で、その景色をひとりぼけーっと眺めました。




最近の私の旅行は、この「場所」に行きたいというよりもっとピンポイントでこの「景色」を見たい、という思いから計画を立て始めます。

今回の京都・奈良旅行では、その第1が吉野水分神社のシダレ桜、第2がこの高雄のミツバツツジに包まれた山の景色でした。




世の中には、かくも現実離れした景色が存在するものなのですねぇ。
秋の燃えるような色彩にもそう思ったけれど、この、まるでクリスタルか何かのような、透明感ある輝きは一体どういうことでしょうか!




滅多にすれ違う人もいない道をてくてくと、神護寺方面へ向かいます。
神護寺へも行ってみようかと思っていたのですが、なにぶんにもこの雨――。
やっぱり今日はやめにしときましょう。




周山街道へと戻って来ると、高雄のバス停近くの駐車場から、紫色にきらめく山腹の見事なパノラマが望めます。
桜はもう終りかけていましたが、ここに1本・・・。




私のレンズだと、最大望遠でもこのくらい。
いったいこのミツバツツジ、どれほど大きな木なのでしょうか!




もし、この木の根元に立つことができたなら、見上げる空はやっぱり紫色にきらめいているのかなぁ・・・。



[2009年4月15日(水)訪問]

高雄保勝会HPはコチラ(といっても、紅葉情報メインですが^^;)。
2009年4月京都・奈良旅行記・目次はコチラ

Trackback

Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/35-d688b1df

Comment

よしりん | URL | 2009.05.06 19:34 | Edit
高尾にこれほどまでのミツバツツジの群落があるとは!
初めて知りました。
Mikiさん、やるなあ。
夏に行った時も、まったく気が付きませんでした。
カレンダーにしたいくらいですね。
あんまり宣伝すると、新名所になってしまう・・・。
山紫水明・・・水彩画で描いてみたい景色です。
見事!
matin_soiree | URL | 2009.05.06 20:47 | Edit
景色との出会いですね。
やっぱり一期一会ですよね。

写真、どれも表情が違っていて、何度もスクロールしてしまいました。
にいやん | URL | 2009.05.06 21:00 | Edit
うわ~、こんなに沢山咲いているんですね~ びっくり
この時期、山の斜面に見られる透きとおるような淡い紫のツツジが
ミツバツツジだったのですね。好きなんですよ~この色が
高雄でこんなに見られるとは・・・知りませんでした。
お天気がよければ、もっと色鮮やかだったかも知れませんが、
小雨模様でしっとりした風情があって、こちらもいい感じですね
なんだか幻想的です。素敵なお写真、ありがとうございました。
bananan_bou | URL | 2009.05.06 21:36 | Edit
スゴイ!!
高雄って紅葉のイメージしかなかったんですが、春にはこんな景色に出会えるんですね!!
紫に染まる山!!なんと見事な。
「この景色に出会いたい」そんなコンセプトの旅、いいですよね。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.06 23:47 | Edit
To よしりんさん、
私も、秋にお土産屋さんに飾ってあった絵葉書を目にしなかったら、知らずにいたところです。
でも、その絵葉書を買って来ようと思ったら、今回はお土産屋さんどころか、お店は何ひとつ開いていませんでした。
まあ、午前中比較的早かった、しかも小雨模様だったということもありますが、人が少なくて・・・ちょっと寂しかったです。

よしりんさんは絵を描かれるんでしたね~。
ホント、絵心があったら写生したかったですー。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.06 23:50 | Edit
To matin_soireeさん、
本当にそうですね。
翌年、同じ日に同じ場所に立ったからといって、見える景色は決して同じではないでしょうから。
今年は特にそんなことを何度も考えながら花を見ました。

写真、見て頂けて嬉しいです!
まだまだ全然サ、と自分では思っていても、見たよ~と言って頂けると嬉しいです^^
lazyMiki600px | URL | 2009.05.06 23:54 | Edit
To にいやん、
本当に、自然の色合いというのは微妙なものですよね。
そう、透き通るような、とも言えますね!

事前に、いろいろな方のブログなどで、「どの辺りに見える」ということをチェックしては行ったのですが、バスで周山街道を走っていて、窓から突然あの紫色がばーーっと目の前に広がった時は、ホントに息を呑みました!
青空だったら、陽光が当たっていたら、そうですね、きっとまたかなり違った景色を見ることができたでしょうね!
あー、また何年かしたら、今度は青空の下でのミツバツツジを見に出かけてみたい・・・。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.07 00:07 | Edit
To ばななさん、
そーなんです、そーなんですよ、春の高雄ではこんな「まるでこの世じゃないみたい」な景色を見られるので~す!
(って、私が植えたわけじゃありませんが、ミツバツツジ。)

静けさが感動の大きな一要素だということを深く実感した今回の旅行でしたが、もうひとつ。
物量(この場合は花の量)も感動の一要素である。
一輪の花はもちろん美しい。しかし、ひと山まるまるの花ってのは、何の花であろうとそれだけで感動の対象ですよねえ。
hiroko | URL | 2009.05.08 20:32 | Edit
4月12日、ちょうどこの前を通りかかりました。
こんなにミツバツツジが咲いてるなんて知らなかったので、
あやうく事故を起こすところでした(笑)
山の一面が紫に染まっている様子、突然目に飛び込んできたら危険ですw
写真を撮れなかったので、lazyMikiさんの写真で見て、やっぱり本当にあった景色なんだ。
って、思えました。来年の春は、このツツジを目的に高雄の方に行きたいと思います。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.08 23:02 | Edit
To hirokoさん、
おお、その日は私が仁和寺とか巡っていた日。
hirokoさんは高雄を走って(車でしょ?)おられたのですか!
車で行けると便利ですよね~。時間を気にしなくてよいし・・・。

私は、十分期待して行ったのですが、それでも高雄バス停近くでばっ!とあの色彩が目の前に広がった時にはどきっ!としました。
知らないで遭遇したら・・・ドラマチック!すごいインパクトでしょうね~。
ふふ、ハンドル操作を誤らなくて幸いでした^^

hirokoさんは山歩きがお好きだから、この方面、よさそうですね♪
ぐん | URL | 2009.05.09 01:31 | Edit
いいですね。
僕も小振りな花をいっぱいつける木が好きです。
晴れるともっとよかったのにですねぇ。
lazyMiki600px | URL | 2009.05.09 20:11 | Edit
To ぐんさん、
そうですね~~~!
やっぱり晴れたらもっとよかったですーーー。
やっぱり、また何年かしたら、今度はお天気の日を狙ってまた行きたいと思います。
そしてまた京都のリベンジ・ネタは積みあがる♪
創 | URL | 2009.05.10 23:53 | Edit
秋にしか来たことなかったですが、高雄の春の景色もすばらしいですね。
ミツバツツジがこんなに咲いているなんて。一瞬、サクラかと思いました。

次のお茶タイムが10:30ということは、朝早かったんですね^^

晴れでも歩きにくい高雄ですけど、雨で足元、大丈夫でしたか?
lazyMiki600px | URL | 2009.05.11 23:31 | Edit
To 創さん、
私も、今回初めて春の高雄でした。
実は、さらにこの奥の常照皇寺まで行きたかったのですが、JRバスからさらに地元のバスに乗り継がなくてはならず時間がかかりそうだったので断念したんです。

この日は、7:40京都駅発のバスで出かけました。
でも、お昼ぐらいからなら晴れたのにと思うと、松尾大社方面を先に行って、最後にこちらに来れば、晴天のミツバツツジを見られたのかなーと思うとちょと口惜しいです。
足元は、何とか気をつけていたので大丈夫でした。
でも、カメラが濡れないようにと心配で、そっちの方が大変でした^^;
Comment Form
公開設定

こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud