スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧前田侯爵家駒場本邸・洋館



前田家16代当主利為(としなり)侯の本邸は、昭和4年の創建。




先日、目黒区駒場の旧前田侯爵邸をふたたび訪れました。






開門まもなくの時間に訪れたということもあり、人影も少ない館の中で、ドラマチックな幻想にひたろうかな・・・。





窓から射し込む、夏の朝の光。
この小暗さ・・・古い洋館ならではの雰囲気・・・。





輝く夏の緑あふれる窓。





そして黄金色のステンドグラス。





まるで礼拝堂の中のような、荘厳な光の空間。





前回訪れた時にも撮ったこの窓。この日は開いていました。
この細長さと透かし彫りの感じと、室内の暗さが・・・フフん。





そして、ステンドグラスからの光が落ちる、赤い絨毯の階段。
――窓と階段・・・。



[2009年7月12日(日)訪問]

►旧前田侯爵邸についてはコチラ

Trackback

Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/54-ae847068

Comment

よしりん | URL | 2009.07.23 23:24 | Edit
TBありがとうございました。
昔の洋館のほの暗さが、なんともロマンをかきたてますね。
Mikiさんが先輩として
「露出補正量をめいっぱいマイナスにして!」と叫んでくださらなかったら、私はあのステンドグラスを撮れませんでした。

人影が全くないのに、どこかに何かがいる感じがする、そんな魅力的なお写真です。
lazyMiki600px | URL | 2009.07.23 23:59 | Edit
To よしりんさん、
TB、送れていましたか?
んーむ、こちらの記録には送れたという表示が出ないのに・・・。
ここのところ、エキサイトのTBは不安定で困ります。
もしかして、2回お送りしてしまったかも知れませんね、すみません<(_ _)>。

ひゃはは、よしりんさんと私、デジイチを購入したのはたぶんよしりんさんの方がちょっと早いです。同じ頃、といってもいいぐらいだけどォ~^^
でも、私のテキトー助言がお役に立ったならよかったですよん。

そうそう、どこかに何かがいそうな感じ。
暗がりから何かが見ていそうな感じ・・・どぅふふふ~^^
ぐん | URL | 2009.07.24 01:33 | Edit
むわ~、階段の写真、恐すぎる~!すごい上手に撮れていると思うのですけど、これを撮っているmikiさんの心境って、やっぱどろどろどろ~って感じなんでわないでしょうか? キャー!
noadog | URL | 2009.07.24 11:03 | Edit
サスペンスだ、サスペンス!
実際にある建物なんですね、ドキドキします。
「家政婦は見た!」の市原悦子が、覗いてるような気も(笑)
外観は明るいのに(光があるからか^^)、室内は、雰囲気出まくりですね^^
京介と蒼君が、謎を解いてくれそうです!
ステンドグラス綺麗♪
東京にこういうところあるのですね*
この日も暑い日でした?
緑に囲まれて、涼しげな感じですね。
ヤブ蚊大丈夫でした?^^

ガラスの仮面は、この間43巻が、何年ぶり?かに出ました^^
一向に進みませんよー!
ベルばらは、文庫で読みました^^
月刊・別冊マーガレットは、いまだに買ってます。やめられないのです!^^;

う、う、うちには、車なんて高級な物はないのです。
自転車で買いに行ってもらおう!^^
美味しいのかはわからないけど、ジャムも作りたいし、千円ならいいですよね~フフーン♪(鼻歌)
桃のワッフル!美味しそうですね。桃って、なんであんなに美味しいんでしょうね?

Mikiさん、頭がよい方だ~?と思ってましたが、一流大学を卒業されてるんですね*
SUTEKI☆

hiroko | URL | 2009.07.24 16:23 | Edit
内部撮影が出来る洋館、いいですね。
私の頭の中には、「名探偵コナン」が・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン
窓の外の緑 の写真が、なんだか素敵です^^
lazyMiki600px | URL | 2009.07.24 22:00 | Edit
To ぐんさん、
>mikiさんどろどろ

ぐんさん・・・人間誰しも、心の中に決して覗いてはいけない暗い部分を持っているんですよ・・・。
そこは、どろどろだったりぐちゃぐちゃだったりぶにょぶにょだったりするのです。
・・・いや、「ぶにょぶにょ」はないか。

「キャー」とか言ってる場合ぢゃないスよ。
階段にはご注意を。すべって転ぶかも、ですよ(ニヤリ)。
lazyMiki600px | URL | 2009.07.24 22:09 | Edit
To やぎこさん、
「家政婦は見た!」ですか。
うむうむ。あれもお屋敷&どろどろ愛憎劇ですね。

>京介と蒼君

もしもし~。なんで栗山深春の名がないですか。
あ、やぎこさんまだ1巻目だからだナ?
そのうちね、彼の価値がわかってきますよ。料理も上手いしね、彼。

この日、午前中はうすぐもりでした。
午後からはさらにお天気が崩れる・・・という予報だったと思うのに、午後の方が晴れました。それほどは暑くなかったかな。ヤブ蚊は大丈夫でした(^0^)

43巻目が出た・・・って、えっ、アレまだ続いているのですかっ??!
すごすぎー。
一体何年続いてるんだ・・・。
「マーガレット」もまだあったとは。これもすごい。

車がない、というのは、日常生活に車を必要としないよき場所にお住まいということで、そちらの方がずっとスバラシイ。
私なんて、車なかったら図書館に行けないデス(T_T)。

(またしても、文字数オーバーの警告が出たので、分割します。)
lazyMiki600px | URL | 2009.07.24 22:09 | Edit
To やぎこさん(つづき)
桃ジャム、すっごく美味しいと思います!
ミオジャムだっけ?確かyuriさんが褒めておられたおフランスの高級ジャムをいろいろ食べたことがありますが、私が一番好きだったのは桃のジャムでした!

ガッコはね~。
どこを出たかっちゅよりむしろ、建築探偵ファミリーや恩田さんと同じところを出たということがちょっと嬉しいです(デーモン閣下とも、だけど・・・)。
lazyMiki600px | URL | 2009.07.24 22:16 | Edit
To hirokoさん、
建物が美術館的に使われていると、内部の撮影が禁止だったりして残念ですよねー。
そういえば、大山崎山荘もそうだったし・・・前田侯爵邸の後に行った日本民藝館(まだUPしてませんが)も、内部は撮らせてもらえませんでした。

あ、コナン。
あれもお屋敷が舞台になることがよくある・・・みたいですね。
(たっまーに、劇場版を見ることがあるだけなので、頻度はわかりまへんが。)
お屋敷ミステリー。
好きだす!

お屋敷の窓の外に広がる駒場公園は緑が深かったです。
・・・もうちょっと刈り込んでもいいかな、と思うくらい^^;
tomate11 | URL | 2009.07.24 22:24 | Edit
おおお~素敵です!

こういう建築大好き!
しかも絵になりますね~。
写真もとっても素敵です。

最近山ばっかりで、こういうところを訪ねる旅をしてません。
京都も暑いから行ってないしな~
また、秋になったら・・・・・

山日和?!(笑)

ほんとう、写真素敵です
lazyMiki600px | URL | 2009.07.25 19:54 | Edit
To tomateさん、
探すと結構いろいろあるものだよね~、こういう古い洋館。
ホント、とても素敵です。

たてものの中って暗いから、これはこれで写真難しいです。
(明るくても難しいんだけど・・・^^;)
いつも見て下さってありがとう<(_ _)>。

あ~、京都も行きたい~。
・・・でも、次は11月だなぁ・・・。
やっぱり京都の秋ははずせないです~~。
tomateさんは今は山なのですね。
白馬に行くっておっしゃってたかな?
夏場は涼しそうでよいでしょうなぁ・・・。
松風 | URL | 2009.07.25 20:34 | Edit

こんばんわ
暗さの中に窓から零れる陽射しが
いいですね。
キャプションも飾らずシンプルで。

歴史のある建物を上手くとらえられています^^

にいやん | URL | 2009.07.26 16:24 | Edit
シックなお写真にmikiさんワールドを感じます。
さまざまな歴史を見てきた建物・・・
なにも言わないけれど、伝わってくるものがある

いつも素敵な写真をありがとうございます。


lazyMiki600px | URL | 2009.07.26 20:50 | Edit
To 松風さん、
どうもありがとうございます♪

この洋館は去年も訪れており、その時すでにデジイチを持っていたこともあるので、
二度目の今回も大して違う写真が撮れてはいないものの・・・。
・・・などと、気付けばカメラのせいにしておりますね、ワタクシ^^;!

花を撮るのも楽しいですが、華やかな色彩のない写真も時々撮っていきたいと思っています。
lazyMiki600px | URL | 2009.07.26 20:54 | Edit
To にいやん、
考えてみれば、花はカメラに興味を持つようになってから目を向けるようになりましたが、古いたてものはそれ以前から好きだったものです。
会ったこともない、同じ時代に生きたわけでもない人々が、この同じ空間に立ったのだと思うと、本当に不思議な感覚にとらわれます。
洋館に限らず、古いたてものというのは何ともいえない感慨を呼び起こすところですよね。

こちらこそ、いつも拙い写真を見て下さってありがとうございます^^
c-hiyomi | URL | 2009.07.27 20:47 | Edit
こんばんは!

いいですね~♪ 
「輝く夏の緑あふれる窓」が、とりわけ素敵!!
礼拝堂の中のようなステンドガラスも!!
重厚感ある建物の匂いまでが伝わってきそうな写真です。
見ていて、気持ちがリフレッシュできましたー!
どうも有難う。


bananan_bou | URL | 2009.07.27 21:08 | Edit
こんばんは~。
hirokoさんとおんなじこと思いました(笑)
コナンでてきそうやん!!
古い建物いいですねぇぇ。
こんど、さざえ堂行ってきます^^
lazyMiki600px | URL | 2009.07.27 23:52 | Edit
To chiyomiさん、
たった今、新しいブログの方にお邪魔してきました。
今後もよろしくお願いいたしますね~^^

>建物の匂い」

あ、ありますね、そういうの。
何とも形容しにくいものですが・・・。
(そして、特に麗しい匂いというわけではないものの・・・。)
年月の匂いとでも申しましょうか。

気持ちがリフレッシュ?
わおー、それは素晴らしい。私も嬉しゅうございます。
こちらこそ、どうも有難うございます<(_ _)>。
lazyMiki600px | URL | 2009.07.27 23:55 | Edit
To ばななさん、
あ、ばななさんもコナンか!
私、毎週やっているのはほとんど見ていないんだけど(ハガレンとかも、大好きなのにちっとも見られない・・・ていうか、見損ねる・・・ていうか、見忘れる・・・)、やっぱりお屋敷なんですねぇ。

さざえ堂!ぐるぐるしてきておくれなはれ。
猪苗代ならば、湖の畔に立つ天鏡閣(旧有栖川宮邸)も、もしお時間があれば。
庭の売店でユニークなあんぱん&カリーパン売ってるヨ。
エンジェルさんによろぴく~~♪
Comment Form
公開設定

こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。