スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この秋の一番≪比叡山延暦寺・横川≫




比叡山の中で、ここ横川は一番北に位置するのだそうです。
一番の山奥・・・という感じがします。
そして、この秋の旅行で一番来たかったのが、ここ。



東塔からのバスを降りると、あまり人は――いません。






さすがにまったく無人とはいきませんが、でも、人影はまばらで、静かです・・・。





この木造の小屋は・・・中を覗いてはみなかったんですが、
たぶんお堂――小さいけれど。
順光だとこんな感じで、逆光だとTOP画像のようになります。





根本如法塔。
書写した仏典を後世に伝えるため、安置、祈念する塔だそうです。

この塔を見たかったんです。
塔の足元まで続く、ほんの短い石段を上がって来る人は、しかしこの時、私しかいませんでした。





そして横川中堂。
旧いたてものが落雷で焼失した後、現在の中堂は昭和46年に再建されました。
木があって、たてものがあんまり見えませんね^^;





時折り団体さんが通ることもあるのですが、すぐに行ってしまうので、そうすればあたりはまたしんと静まりかえります。





中堂は高いところにあるので、また石段を上がって行きます。
さほど長い階段でもありませんが・・・。
あれ?今こうして写真見ると、晴れてるわけじゃないなぁ。





さらに上って横川中堂の回廊。

いかにも負惜しみみたいですけど、この時はこのお天気が最高に思えました。何だか身の引き締まるというか・・・。





延暦寺全山でそうなのかも知れませんが、ここ横川では特に、
小径わきのあちこちに立つ石の仏さまが目につきました。





やわらかな表情、優しいそのお姿に、ほっと力が抜けて、思わず
ありがとうございます、と。





素晴らしい秋をありがとうございます。




[2009年11月9日(月)訪問]

比叡山延暦寺HPはコチラ
2009年11月京都旅行記・目次はコチラ

?≪日常編≫のミニ記事はコチラ

Trackback

Trackback URL
http://picturesque323.blog96.fc2.com/tb.php/77-c5f6c38f

Comment

tomate11 | URL | 2009.12.05 08:50 | Edit
ここの写真だったのですね。
最後の写真、大好きです。

お寺いいな~神社は殆ど行かないですね~そういえば。
(靖国はイチョウのそそられていきましたが)

ここ、行ってみたいです。
うん、いく~!

きりちゃんに提案してみます、いつもおなじみコースなので。

朝からヨガして、仏様をみてほっとしました。
ありがとうございます。
にいやん | URL | 2009.12.05 11:56 | Edit
横川は、奥比叡ですね、山深いイメージです。
杉の木に守られているよう・・・
特別な空気に包まれている気がします
なかなか足を運べないので、Mikiさんの写真を拝見出来て嬉しいです。
ありがとうございます。
happy_kuma_kuma | URL | 2009.12.05 16:33 | Edit
こんにちは。
実は恥ずかしながら一度も比叡山延暦寺に行った事がなかったので、 lazyMikiさんのブログで延暦寺を拝見させて頂きました。
錚々たるお坊さんが修行したお寺だそうで、凛とした荘厳な雰囲気がお写真からもよーく伝わってきます。
それとここまで来ると人が少ないのがいいですね。私も月末京都に行きましたが、紅葉は確かに美しかったのですが、人でごった返していましたよ。ゆっくり境内を散歩するといった風情はありませんでしたね。
京都は静寂が似合いますが、紅葉のこの時期はそれを望むのは無理っぽいですね。
比叡山延暦寺へ私もいつか静かな瞑想の旅に出てみます。
アッキーマッキー | URL | 2009.12.06 09:09 | Edit
横川まで足を伸ばされてたんですね。根本如法塔とはまた通ですね。国宝の「金銅経箱」は見た覚えがありませんが、もしかして公開されてましたか?ここの石仏も味があっていいですね。合掌。
話は変わりますが、横川地区には、山内シャトルバスに乗って奥比延ドライブウェイを通って行かれたと思いますが、奥比延ドライブウェイを抜けた所が仰木、伊香立の美しい里山風景が広がっていますよ。さらに湖まで降りると琵琶湖大橋で、ここの畔に住んでたんです。ここの里山は、写真家の今森さんの写真集やNHKの村田さんの総指揮で作られた映像が有名ですが、リンク先の僕のサイトにも少しだけ「里山」コーナーに載せてますよ。里山以外も容量の関係ですでに中身を削ってしまっているページもありますが、あしからず。
lazyMiki600px | URL | 2009.12.06 12:06 | Edit
To tomateさん、
ここ、いいよ~。
できれば、来年の秋にもまた行きたいなぁ・・・。
路傍の石仏・・・本当にいろいろな言葉が聞こえる気がします。
人の少ない山の中という環境だと、仏さまの声も大きい。

あ、でもtomateさん、上賀茂神社のフリーマーケット(だっけ?)が好きだったんじゃなかった?最近はあまり行かないですか?

ほとんど滋賀県だから、兵庫からはちょっと遠い方になってしまけど、きっと清々しい空気を楽しめると思うな。
きりちゃん、黒胡椒煎をお楽しみあれ~~^^
lazyMiki600px | URL | 2009.12.06 12:13 | Edit
To にいやん、
「奥」という字がつくと、嵯峨もそうでしたけど、なんだか魅力がぐぐぐーっと増す気がします。
そう、空気が違う、空気が特別、という気がしますね~!

感動が大きいと、その分いい写真が撮れるんじゃないか、などとそれまではいく分お気楽なことを考えておりましたが、やはり、感動の大きさが写真に反映されないってことも多いのだな!と思い知らされた今回の横川・・・。

これを糧に、また写真の練習します・・・ぐっすん(T_T)。
lazyMiki600px | URL | 2009.12.06 12:22 | Edit
To くまくまさん、
延暦寺、私もほとんど初めてみたいなものでした。
高校の修学旅行で、幾つかのグループに分かれて観光した時(その時が私にとって初めての京都・奈良だったのですが)、嵯峨野や、金閣・銀閣などを巡るグループになぜか入らず、琵琶湖や彦根城などと一緒に延暦寺を訪れる滋賀県コースを選んだ私でしたが・・・根本中堂などのことも、ほとんど覚えておりませんでした^^;
それにたぶんその時は横川には行ってないですね。

11月最終週の京都は、最高の紅葉と最高の人出ですよね。
私も来年(のことを言うと鬼が嗤いますが)は、再びそのタイミングでアタックしてみたいと思っています。どれだけ人の少ないスポット・時間帯を見つけ出すかが面白いところではありますね――とはいえ^^;

延暦寺・横川、静かな空間でした。
素晴らしい静けさでしたよ~^^
lazyMiki600px | URL | 2009.12.06 12:46 | Edit
To アッキーマッキーさん、
どひゃー、アッキーマッキーさんのコメントを読ませて頂いて、さらにぐんぐん滋賀県にココロが吸い寄せられます~~!
琵琶湖大橋は、一応ですが、高校の修学旅行で行きました・・・が、ほとんど記憶が^^;
里山ですか~。

ああ、くまくまさんみたいに車の運転が上手ければな・・・どっか(大津とか?)でレンタカー借りて行くんですのに~~(T_T)。
いやいや。諦めることはありますまい。こつこつと滋賀県遠征プランを練りまするよ!

>国宝の「金銅経箱」

きっと、東塔のとこにある国宝殿で公開されていたのかな・・・。
バスの時間の関係もあって、寄れなかったんですよ~。
あ、それに、秋の京都旅行は最近いつもそうなんですが、あまりにももみじに心を奪われてしまって、他の様々な珍しきものに目がいかないんですよね。
修学院離宮に行った時も、価値あるたてものの説明にまるで耳を貸さず・・・。
延暦寺国宝殿なんて、国宝の宝庫(文字通り)なのに、ぎゃ~!なんてもったいないことをしたんだ、ワタシ!
やはりやはり、延暦寺はリベンジしなくてはなりません!
bananan_bou | URL | 2009.12.07 22:51 | Edit
横川の僧都に助けられる浮舟…
なんか宇治十帖が読みたくなした。
そういや、宇治の源氏物語ミュージアムに、
その場面の再現ジオラマがあったのを思い出しました^^

深い山の中の紅葉ってとても厳かな感じがしますね。
lazyMiki600px | URL | 2009.12.07 23:53 | Edit
To ばななさん、
そうなのですね、浮船を助けるのが横川の僧都なんですね~。
ズッコケ話だなんて・・・ああ、ごめんなさい恵心さん。
源氏物語ミュージアムって、ジオラマなんかあるんですかー!
あ、宇治十帖はまさに「地元」ですものねぇ。
それにしても、ご本職とはいえ、さすがばななさん、ぴし!ぱし!ですね~(意味不明)。
お仕事中に、遊びほーけてる人間がアホなメール差し上げてホントすみませんでした。

またきっと行きますよ、横川!
Comment Form
公開設定

こちらもどうぞ♪
lazyMikiのメインブログ
本と旅とそれから
Recent Entries
最新トラックバック
Archive Cloud

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。